生活習慣病の中でも厄介な糖尿病|食事管理はしっかりと行なう

夫婦

若々しさをキープする

滋養強壮を目指すことが、簡単なことではへこたれない強い心身を作るとされています。日本独自の食材の中には、滋養強壮に効果を上げているモノがたくさんあります。バランスを考慮して、健康増進に努めて行くことが大切です。

スーパーフードの魅力

藻の一種であるユーグレナは、健康と美容に良いとされています。美容では、アンチエイジング効果があり、健康面では、便秘解消に効果があるのです。摂取方法は、サプリメントで手軽にできます。

気をつけたい習慣病

男性

生活習慣と関連する病い

生活習慣病の中でも、とくに気になるのが糖尿病ではないでしょうか。年齢や性別を問わず、生活習慣や食生活などが原因とも言われる病いの1つですが、最近では子どもでも安心出来ないと言われています。なぜ糖尿病が危険な病いとして言われるのでしょうか。その理由は合併症にあり、神経障害を引き起こすことが分かっています。抹消神経が鈍くなることで、手や足などが腐ってしまう危険性があるからです。その予防に有効な食品として、アーモンドが有名です。また、カカオ成分が85%以上のチョコレートやコーヒーなども効果があると言われています。また野菜と魚を中心とした食材を多く使うこともポイントです。逆にレトルト食品やお菓子、缶詰になった果物などが挙げられます。これらには、糖尿病になりやすい糖質などが多く含まれています。

運動による予防効果

糖尿病の予防には、食事の改善だけでなく運動療法も効果的です。しかし運動というと少し大変と感じるかもしれませんが、理想的な運動は週に3回、また食後に1時間程度のウォーキングを行うことです。とくに糖尿病の予防にはストレス解消が必要で、運動習慣によって改善されると言われています。また不規則な生活や睡眠不足なども予防の意味では、避けたい項目になります。糖尿病は生活習慣から発症することが多いので、逆に言えば健康的な食事や運動によって予防出来るのです。運動だから何時間以上と決め込む必要はなく、楽しみながら継続的に行うことが重要です。ウォーキングが難しい時は、自宅でスクワットをすることでも構いません。また階段の段差を利用して、昇り降りするなどでも効果があります。

健康に良い微生物の摂取を

微生物のミドリムシはサプリメントとして加工・販売されていますので、健康になりたい方は簡単に購入することができます。ダイエットにも効果があるとされているため、食事制限で体が心配な方も生活に取り入れてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加